回線業者とプロバイダーについて

回線とプロバイダーについて勘違いしている人も多いと思うのでここで軽く紹介したいと思います。

光回線を開通させようと思えばプロバイダー契約と回線契約が必要になります。回線契約のみではインターネットに接続することができません。

プロバイダーにとりあえず契約すればいいんだろ?と思っている人も多いのですが、光回線の場合は回線契約も必要になります。

回線契約とは

回線契約とはフレッツ光やeoひかりやauひかりなどがありますがこれらに契約するということです。

最近の光回線代理店では回線契約とプロバイダー契約の両方を行ってくれている場合がほとんどなので、回線契約とプロバイダー契約を別々にする必要がなくなりつつあります。

プロバイダー契約とは

光回線はプロバイダーと回線契約があってインターネットが開通します。

プロバイダーとはインターネット接続業者になります。プロバイダーとは皆さんも知っている企業も多いかと思います。例えばniftyやyahooBBやBIGLOBEなどのことを言います。

プロバイダーによって料金は異なっていますので自分に合ったプロバイダーと契約するようにしてください。プロバイダーによって速度などはほぼ変わりませんが、サポート体制に違いがあります。

プロバイダーの料金は各社数百円しか変わりませんが、毎月支払う固定費になりますのでできるだけ安い方がいいと思います。チリツモということです。

おすすめの光回線代理店はラプター
NTT表彰フレッツ光代理店ラプターの詳細について紹介。オプション加入なしがおすすめな理由。