光回線開通までに必要なこと

光回線に契約しようと考えている人は開通までにどのようなことをしておかなければいけないのか?というのを解説していきたいと思います。

光回線を開通させるまでに様々なことを確認しておきたいところですが、確認しておくべき大事なポイントのみを紹介していこうと思います。

光回線のエリア内であるのかを確認する

事前に引越し先や自宅が光回線の対応エリア内にあるのかを確認しておく必要があります。

現在ではほとんどの地域が光回線の対応エリア内であるのですが、そうでない地域もありますので事前に確認しておきましょう。

光回線の対応エリアの場合は近くに光ファイバーが来ていることを表しているため、後は工事をするだけで開通することができます。

しかし対応エリアでない場合は光ファイバーが来ていないことを表しているため、光ファイバーが近くに来るのを待つか一度問い合わせて申請してみるといいでしょう。

自宅が光回線の対応エリアなのかどうかを確認するためには光回線業者のホームページ内にて確認することができます。

郵便番号や電話番号を入力することで確認することができますが、分かりにくい場合は直接問い合わせてみるとすぐに解決します。

光回線の工事について確認する

光回線の工事は一戸建てとマンションによって少し異なっています。

一戸建ての場合は光ファイバーを自宅に引き込む少し大掛かりな工事になります。しかしマンションなどの集合住宅の場合はもともと光ファイバーが引き込まれている場合がほとんどなので簡単な工事で終了します。

もちろん集合住宅によっては光ファイバーが引き込まれていない集合住宅もありますので、光回線に契約する際は大家と相談しておいた方がいいと思います。

おすすめの光回線代理店はラプター
NTT表彰フレッツ光代理店ラプターの詳細について紹介。オプション加入なしがおすすめな理由。